雑談その2

そういえば、某のポエムってさらしになってないですよね。
だって自分だってオープンにブログに載せているのだから、ある意味では好きに書かれて、悪口を私が書かなければいいわけですよね。
って実際、悪口なんて書いてもいませんけれど。

こんなポエムがありました。
甘い夏、居抜き物件で、甘夏だそうです。
やはり母親が受けていました。結構この辺の無意味さ加減に、かなり洗脳されているようです。
若い恋人がいるから、甘いのを連想する、などの下りも、母親本人にとっては、結構影響を受けたようでした。

因みに母親は自分が詩人と言われるのは凄く嫌でデリカシーもなにもないので、やめて欲しいと本気で言うのでしたが。
まあ私もポエムを書いている人に微妙な連中が余りにも多いので、付き合いたくはないといった所でしょうかね。

所で、速記文字は慣れると、本当に面白いです。つまり人口言語なんですあれは。
あいうえおを、わかりやすい線に直したというだけのものなので、それで50音を置き換えると、書きやすいというだけなのですが、実際日本語になれていると書きやすいですし、もっというと、例えば、言葉だけを拾うので、英語の速記で、意味をしらなかったつぃても書き方が分かっていれば書けるというメリットはあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です